プロミスのカードローンは審査に通りやすい?基準が甘いって本当なのか?

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行プロミスのカードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいプロミスのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

消費者金融のプロミスの方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、銀行プロミスのカードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のプロミスのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、プロミスで即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

一方、プロミスのカードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためプロミスのカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融のプロミスというのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

消費者金融のプロミスには貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のプロミスのカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数のプロミスなど消費者金融から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のプロミスのカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、近頃は銀行でもプロミスのカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

プロミスなど消費者金融はお金を融資し、その利子でもって通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融のプロミスというのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して借りやすいと評判です。

プロミスなど消費者金融で高い人気を獲得する要素としては金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見る限りいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

お金を出資してくれるプロミスなど消費者金融は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレカ会社などがノンバンクと呼ばれます。

信販会社やクレカ会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限り借りれるキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融のプロミスとは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

一般的に消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行プロミスのカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融のプロミスの場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融のプロミスを利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みではサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

引用:http://www.iconival.com/novice/