アテニアクレンジングの効果理由とは?口コミいろいろ

メイク落としにクレンジングクリームやオイルを使っている人も多いと思いますが肌の健康を考えると洗顔石鹸で落とすのが良いそうです。

なぜかというとそういった商品の多くが洗浄力に特化しているので肌への刺激もその分強くなっているからです。

そのため、洗顔専用の石鹸を使ってメイクを落とす人もいます。

選び方は、ひとりひとりの肌質によって変わります。

例えば、乾燥肌の場合では高い保湿成分が配合されたものがおすすめです。

オリーブオイルなどの皮脂に近い成分が含まれていると安心ですね。

オイリー肌の場合では、洗浄力よりも保湿を優先させましょう。

ただ、オイル成分が配合されているとニキビの原因にもなるので気をつけましょう。

美白・美肌になるために様々なスキンケアをしている方も多いと思います。

スキンケアで最も大切とされていることを知っていますか?それは洗顔です。

中にはクレンジング時にW洗顔不要と書いてある製品を使っている人も多いのではないでしょうか。

理想的な肌ケアという観点から言うと正解とは言えません。

なぜかと言うと洗顔剤とメイク落としの両方の効果があるということは片方の効果が弱くなっていることが予想できるからです。

例えば、メイクを落とす洗浄力が強い場合、肌への刺激もその分強くなり保湿などを目的とした洗顔効果は相対的に低くなってしまいます。

最も理想的とされているのがメイク落とし後に洗顔石鹸を使用することです。

意外とちゃんと説明できる人の少ない事柄ってありますよね。

最近では、そういった日常に溶け込んでいるけど以外と知らないことを取り扱った番組が人気なようです。

では、質問です。

メイクを落とす際に行うアテニアクレンジングと洗顔石鹸の2つの違いはどんな部分でしょうか?まず、アテニアクレンジングはメイクを落とすことを目的としたスキンケアの一つです。

メイクを落とすのなら洗顔石鹸でも可能ではないかという人もいるでしょうが落とす汚れの性質が変わってきます。

油分の強いメイクは石鹸では綺麗に落とせません。

では、洗顔石鹸の存在する意味って何?と感じた人もいると思います。

洗顔できる石鹸として化粧石鹸も存在しますが洗顔に特化させているので肌の潤いを守る皮脂を余分に流す可能性が低くなります。

スキンケアについてメーカーの人に相談しているとアテニアクレンジングオイルなどでメイクを落とした後に洗顔石鹸で洗顔を行なった方がいいと勧められました。

商品を選ぶ際、気になるのは値段ですよね。

商品を選ぶ際の目安として挙げる人の多い値段ですが高ければ良い・安ければダメというものではなく高額な石鹸でも肌に良くない添加物が入っていることもあります。

逆に安価な石鹸でも余計な添加物が入っておらず肌に優しいものもあるので含まれている成分を見てチェックしてみましょう。

ただし、良質な保湿成分が含まれている場合、結果的に高価なことが多いです。

生活用品の脱臭炭のように炭に脱臭効果があることは知っている方も多いと思います。

これは目に見えないくらいの小さな穴が炭にあるから起きる現象となっておりキッチンなど様々な場所の嫌な匂いが改善されます。

では、メイク落としをはじめとしたクレンジングで使う洗顔石鹸にした場合、どんな効果が期待できるのでしょうか。

調べてみたところ、石鹸の場合では脱臭効果だけでなく炭素の働きで肌サビを防いだり、血の巡りをよくしてくれるアンチエイジング効果も期待できるようです。

また、どうしても石鹸の色が黒くなってしまうので心配になりますが泡立てると白い泡ができるのでその心配はしないで大丈夫です。

メイクをする方にとってクレンジングは避けては通れないですよね。

その際、肌への負担が気になるという人も多いのではないでしょうか。

実際、化粧が落ちるということは強力な洗浄力を持っていることになり、その分ダメージも強力とされています。

ダメージの原因は界面活性剤です。

ただ、化粧を落とす際には界面活性剤は避けられず、肌負担をゼロにすることは不可能と言えます。

ただ、肌質に合った製品を選べば負担を減らすことはできます。

また、化粧落とし後に洗顔石鹸で洗顔をするのも人気なようです。

中にはW洗顔はしないようにしましょうという話を聞いたことがあるかもしれませんが化粧落としで使う製品と石鹸では落とす汚れの種類が異なります。

アテニアクレンジングはダメージがあるから注意が必要と聞いて石鹸洗顔に移行している人も多いようです。

引用元:http://www.librospadreaguirre.com/2431

実際にアテニアクレンジングシートやオイルなどは洗浄力が強くその分刺激も強くなります。

さらにシートタイプの場合では拭く力も追加でかかります。

固形石鹸は色々な天然由来の成分で作られています。

そのため、環境にも肌にも優しいものになっています。

また、洗顔クリームなどに比べ泡立たせるのが難しいので少量を使うことになるので結果的に長持ちになるので経済的な面もあります。

デメリットとしては固形石鹸を家族と共有するとバクテリアが繁殖する可能性もあるので注意しましょう。

メイクを落とすクレンジング後にW洗顔をすると肌に良いと知り合いに聞いたのですがその際、洗顔石鹸と洗顔フォームどちらを選べば良いのでしょうか。

メリット・デメリットを比較してみましたので参考にしてください。

固形石鹸のメリットとしてはなんといっても天然由来の成分でできているので肌や環境に安全なことや泡立てさせるのが難しいので少ない量で洗うことになりコストパフォーマンスに優れている点が挙げられます。

デメリットとしては、保管方法を間違えると細菌が繁殖する可能性があることなどがあります。

洗顔フォームの長所としてはネットを使わなくてもふわふわの泡ができることやプラスチックボトルに入っていることが多いので清潔に保ちやすいことです。

デメリットとしては肌へのダメージがある合成界面活性剤が必ず入っていることです。

肌のことを考えるとクレンジングではどんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

クレンジングとはメイク落とすことの総称のことをいうそうです。

その際、シートタイプやオイルタイプなど様々な種類がありますが、これらの多くはメイクを落とすことに特化しているので洗浄力が強いことも多く肌への刺激を考えると心配だという人も多いようです。

そういった刺激が心配な方におすすめなのが洗顔石鹸です。

洗顔用に特化しているので肌への刺激が弱くなっており、洗浄力が少し落ちてしまうので時間がかかるデメリットはありますがメイクや肌についた1日の汚れを落とすには充分です。

選ぶ際は実際に使っている人の口コミなども参考にしてみましょう。