外貨預金とFXの違いとは?

外貨預金とFXの異なる部分に、元本保証やレバレッジの利用といったものがございます。
外貨預金は銀行への預金ですから、基本、元本は保証されます。
FXではレバレッジを使用でき、手持ち資金の何十倍ものお金で運用していくことが可能ですが、逆に大損失が起こることもあるので、大きなリスクともなるのです。
FXに出会って数カ月もしくは数年経つと、徐々に自分なりに勝っていく方法がわかってくるようになります。
業者が作ったテクニカルツールを取り入れたり、オリジナルのEAを使いこなすことで、独自の取引法を確立することがずっと勝つためには重要です。
FXでは、短期での売買がほとんどだと思います。
その中でもわずかな値動きで利益を抜いていくデイトレードだと、売買を一瞬の値動きで繰り返していくわけです。
利益が大きくないため、取引回数で利益を出すのと、損失を極力少なくするために、損切りを徹底しないと勝てません。
外貨預金は外貨と円の変換時に、手数料を銀行側に支払わなくてはなりません。
でも、FXに関しては、手数料が無料でたいていの業者と取引が行えますので、割と軽い感覚で取引を行えます。
ですが、レバレッジという仕組みを使わずに資産運用を長期的に行うのであれば、倒産のリスクをなどを考慮して資産は銀行へ預けたほうが無難です。